初心者でも簡単に理解可能!アンティーク家具の手入れのポイントや豆知識をご紹介します!

このサイトではアンティーク家具に関して、初心者にもわかりやすく丁寧にお伝えしていきます。
たとえば日々のお手入れはどうやってするのが正解か、そしてお手入れのポイントや豆知識などです。
状態の維持管理のために心がけることや、長持ちさせる方法、さらには購入するメリットや選択するポイント、そして地域ごとの特徴の違いなどもご紹介していきます。
修理が必要になった時の対処法や不要になった場合の買取についてもあわせてお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

初心者でも簡単に理解可能!アンティーク家具の手入れのポイントや豆知識をご紹介します!

アンティーク家具の手入れは初心者でも簡単にできます。
普段は柔らかい布を使ってから拭きすれば十分です。
汚れがひどいなら濡らして固く絞った布で拭いても良いですが、その後に忘れずから拭きしておきましょう。
1か月から3か月ごとにアンティーク家具用のワックスをかけるとなお良いです。
ツヤが出ますし、木目が保護されます。
乾いた布やブラシなどで埃や汚れをしっかり落とした後、ワックスを塗ります。
余分なワックスを拭き取り、木目に沿って磨きこみます。

アンティーク家具は欧米や西欧では100年以上経過したものだけが該当する希少な品!

アンティーク家具は、海外ではごく当たり前に利用されているものですが日本ではまだまだ珍しい種類の家具だと言えます。
希少な素材や年代のものは多くのファンを持っていますし、ブランドや匠など人気が高い家具は高額で取引をされるので競争率が高いことも知られています。
アンティーク家具の特徴は、何代にもわたって利用されてきたその深い歴史と愛着を持って大切にされてきた思いが詰まっていることです。
愛された家具はそこに深みが出るので、纏っている空気に違いを感じられます。
アンティーク家具の歴史は持ち主の人生でもあるので、その歴史も大切にしている文化を持つ海外で人気が高いということです。
もちろん日本でもアンティークの品物はファンもおり、高額で取引されるので多くの人が注目しています。
ただ、歴史よりも金額に注目してしまう人もいるため、海外よりもアンティーク家具は人気があるとは言い難いのが現状です。
希少価値の高い家具は、多くの人に愛されているのでこれからもずっと大切にされ続けるでしょう。

価値ある希少性の高いアンティーク家具の見極め方の一つが1920年以前の物!

インテリアの中でもアンティーク家具は人気の一つです。
現代の家具とは異なり、重厚感があり職人の技巧が随所に生かされていて、繊細な木工技術が際立ち美しい装飾が施されてるんです。
一つ部屋に置くだけでも、一瞬にしてその部屋のグレードがアップしてしまうのが不思議です。
アンティーク家具とは素人がその価値を見極め、選ぶのは非常に難しいです。
本当のアンティークの家具と言われるものは、アメリカでは100年以上経過したものと言われています。
特に希少性が高く価値高いものは、1920年以前の家具とされてます。
素人が購入する際には、こうしたことを一つの指標として購入するのも良いでしょう。
アンティーク家具は購入後もお手入れなど、気を付けなければなりません。
それは後世にこうした古きよきものを継承していくために、お手入れやメンテナンスは欠かすことができないのです。
普段のお手入れはやわらかい布で乾拭きでお手入れしてあげると良いのです。

アンティーク家具は虫食いやひび割れに欠損や汚れはシビアに査定額が減額する

アンティーク家具を売ろうと考えている方がいるはずです。
購入した当時はお洒落なデザインに惹かれたが、今はもっとシンプルな家具を使用したいなど理由は人それぞれにあると思われます。
アンティーク家具は状態によって査定金額が大きく変わってしまうことに気をつけないといけません。
アンティーク家具は木製なので虫食いや欠損、汚れが生じてしまうのですが、査定金額が減額されてしまうことがほとんどです。
シビアに査定されるので、問題がある場合は高く売れないことを覚悟する必要があります。
虫食いや汚れが生じないように、定期的にケアをしておくことが大事です。
お手入れは長く使用し続けるためだけでなく、高額査定のためにも行っておくべきです。
また、優れた買取業者を利用することも大事なポイントです。
専門的な知識を持っていて、信頼できる業者であることも蔑ろにできません。
どこも同じだと考えて適当に決めてしまうと、相場より安く売ることになります。

アンティーク家具所有は後世に伝える為に仮にお預かりし維持管理するという心構えを持とう

アンティーク家具とは現代の家具にはない魅力があるものです。
重厚感や繊細な装飾技術、艶が美しく飴色のような独特のつやなどもアンティークの家具の魅力ともいえるでしょう。
アンティーク家具とはアメリカでは製造から100年以上を経過したものだけが該当すると定義づけられてます。
なかでも1920年以前の製造されたものは、その技巧が素晴らしく美しく現存しているのも奇跡的であって、特に価値があるとされてるのです。
こうした希少性の高い価値があるアンティークの家具を手に入れると、心が弾み非常にうれしいものです。
しかしアンティーク家具購入での大事な心構えとは、独占欲をむき出しにするのではなく、一時的に仮にこの希少な家具を自宅でお預かりして、後世に残すために維持管理をさえていただくといった気持ちでいなければいけません。
そのた目湿度管理を徹底し、直射日光を避けて配置するといったことも大事です。
日ごろのお手入れはやわらかい布で乾拭きしましょう。

著者:都築英紀

筆者プロフィール

静岡県静岡市出身。
イギリスに旅行した際に素敵なアンティーク家具と出会い、それ以来コレクターになりました。
アンティーク家具通販の詳細